キャリーオーバー成分とは

少し間が空いてしまいましたが、
今回もまた無添加化粧品についてのお勉強をしたいと思います


「無添加は安心・安全で、体に良さそう!」
というイメージがあるかと思いますが、
それを盲目的に信じ込んでしまうのは危険でもあります



繰り返しになりますが、
無添加とは「何も入っていない」という訳ではなく、
メーカーはそれぞれが特定の添加物が入っていない商品に、
無添加と謳っています。

その特定の添加物とは、主に、
石油系合成界面活性剤、防腐剤(パラベン)、
合成香料、合成着色料、鉱物油などのことです。


かつての薬事法では、アレルギーなどを引き起こす可能性・危険性のある、
102種類の表示の義務がある成分を表示指定成分と呼んでいて、
それらが含まれていない製品を無添加としていました。

しかし、薬事法が2001年4月に改正されて、
化粧品に配合している全ての成分の表示が義務付けられるようになりました。

*成分名の記載順序は、製品における分量の多い順に記載され、
 1%以下の成分及び着色剤については順不同に記載して差し支えないとされています。

そのため、今現在ではどこからどこまでが添加物とされるのか?
というのが曖昧になってしまっています。


その上、成分表には全ての原材料が記載されている訳ではないのです


化粧品には全成分表示の義務がありますが、
その表示義務があるのは使っている「成分」であって、
「原料」に関しては表示義務がありません。



化粧品メーカーは原料の特定成分を高濃度で抽出して、
独自に開発した「成分」を製造しますが、
そのために化学物質を添加したりするので、
原料を抽出するにあたり余計な成分が残ってしまうこともあります。

原料や成分の品質を保持するために使っている成分であり、
製品になった時には微量であるためその効能効果を発揮しない成分のことを、
「キャリーオーバー成分」と言います。


例えば、配合成分の保存のために添加される防腐剤や酸化防止剤などが該当します。


この「キャリーオーバー成分」は微量であるためその効能効果を発揮しないと言う理由で、
表示しなくても良いのです。


*配合されている成分に付随する成分(不純物を含む。)で、
 製品中にはその効果が発揮されるより少ない量しか含まれないもの
 (いわゆるキャリーオーバー成分)については、表示の必要はない。


つまり、植物エキスを抽出するのにアルコールが使われていたり、
原料の安定のために防腐剤が使われていても、
「アルコールや防腐剤が無添加の化粧品」という表示で、
販売ができてしまうのです


「キャリーオーバー成分」は効能効果を発揮しないとされているため、
そこまで神経質になる必要はないとされています。

しかし、アレルギー体質のために特定の物質を避けたい場合や、
小さなお子様に使用する場合には、やっぱり避けたいですよね



「キャリーオーバー成分」を避けたい場合には、
メーカーのwebサイトなどをチェックして、製造・加工についてより詳しく確認したり、
キャリーオーバーについての説明があるのかなどもチェックすると良いでしょう。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック