櫛の歴史

先日の「くしの日」に櫛について少しお話して、
「日本においても縄文時代前期の物とされる木製櫛が出土しているそうです。」
と言いました。


縄文時代の櫛は、形は縦櫛で、髪を梳かすものというより、
現在のまとめ髪に挿す髪飾り櫛のようなものだったと推測されています。

日本の古代では、先の尖った一本の細い棒に呪力が宿るものと信じられていたそうで、
櫛は元々霊妙なことや不思議なことを指した「奇し」や串と語源が同じだと言われています


例えば、神に捧げる玉串や神を招くときにたてる斎串は、
その例としてあげることができます。

そのため、櫛は髪に挿すことで霊力を授かったり、
魔除けとしたりする呪術的な意味も込められていたようです。



奈良時代には万葉集で、
「君なれば何ぞ身装はむくしげなる黄楊の小櫛も取らむとは思わず」
という和歌が詠まれていたように、
その時代にはすでに現在でも高級櫛とされているツゲの櫛が使われていたようです。


平安時代になると、女性の髪型は主に垂髪だったために、
髪の毛を梳かすための実用的な梳き櫛が主流になったと言われています。

ただ、当時の櫛は今の櫛のようにスタイリング目的ではなく、
ダニやシラミなどの虫を除去したり、
フケやホコリといった汚れを取り払うための衛生用品として使われていたとも言われています。

まぁ、現在のようなシャンプーの習慣などなかった時代のことですからね。


江戸時代に入ると、女性達は様々な形に髪を結い上げ、
それを飾るために装飾的な櫛が発達し、京型、丸型、月型など様々な種類の櫛が登場しました。

また、素材もツゲや竹などの木製だけでなく、
べっ甲や象牙などを使った櫛も登場し、
飾りや蒔絵、螺鈿などの細工がなされたりして、
工芸品としても発展したようです。



明治時代の文明開化にともなって洋髪の結い方も入ってきましたが、
日本髪も根強く結われたために、髪を結い、飾る時に使用する櫛も使われていました。


「髪は女の命」という言葉があるように、
古来から髪は女性の美しさを象徴するものとして考えられてきて、
生活様式や服装が西洋化する以前の日本では和服に合わせた髪型が発展してきて、
髪を飾る道具として櫛が使われ続けてきたのです。



現在では髪を飾る道具はカチューシャやシュシュがポピュラーになって、
櫛は髪を飾る道具というよりも、髪を梳かす道具に変わってしまいました。

しかも、女性は髪を梳かすためでも、
櫛ではなくブラシを使っている方が多いのではないでしょうか?


昔は女性の髪を飾る道具だった櫛は、
今では形を変えて、一般的にはどちらかというと、
男性の髪を梳かすための道具になっていますよね。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック