またもベスト16の壁に (T_T)

悲願のベスト8入りを目指す男子サッカー日本代表、森保JAPAN⚽。
FIFAワールドカップカタール2022の決勝トーナメント1回戦でクロアチア代表が対戦し、
もう皆さんご存知のように、惜しくも1-1からのPK戦で敗退してしまいました



ブロゾヴィッチ、モドリッチ、コヴァチッチと世界屈指の中盤を誇るクロアチアはさすがに強く、
ボールを握られる展開が多かったですが、
日本も果敢に攻めて、何度かチャンスを掴みます。


そして、前半終了間際にショートコーナーから堂安がクロス。
ゴール前の混戦から前田が押し込んで待望の先制ゴール
 キタ━━━━(*゚∀゚*)━━━━!!

予選から幾度も前線からのプレッシャーでチームに貢献していた前田に、
FWとしての結果が出て、チームに勢いが出るだろうと、
「イケる!!」という予感はありましたが、
やはり前回大会の準優勝国はそうそう簡単に勝たせてくれませんでした。


後半序盤にアーリークロスから豪快にヘディングで叩き込まれて、
同点ゴールを許してしまいます
 ガーン!!∑(゚Д゚ll)


その後は両チームともに堅い守備で得点を許さずに1-1で延長戦へ突入。

お互いに選手交替で膠着状態を打破しようとするが、
ゴールをこじ開けることは出来ません。

日本は三苫の得意のドリブル突破からのミドルシュートの場面が、
延長最大の見せ場でしたね。


1-1のまま決着がつかずに、試合はPK戦へ。

専攻の日本は1番手の南野、2番手の三苫、4番手の吉田と、
4人中3人も相手キーパーに止められてしまい、
PK戦1-3で敗れてしまいました
 。・゚・(*/□\*)・゚・。ウワァーン


残念ながらも、日本代表はまたしてもベスト16の壁を越えることは出来ませんでした。

しかし❗
予選リーグでドイツ、スペインと言う超強豪国を撃破して、
前回準優勝のクロアチアと実質引き分けなんですから、
日本サッカーの進歩を感じる大会だったと思います。

PKを失敗した選手を責めることなど、もちろん出来ません。


選手の皆さんは悔しい気持ちが大きいかと思いますが、
前回大会のベルギー戦での逆転負けの悔しさを糧にして、
今の日本代表が成長してきたように、
今大会の悔しさを糧にして強くなって、
また4年後に今度こそベスト16の壁を突破して欲しいと思います。


たくさんの感動をありがとうございました
 ・:*:・:感謝(*V∀v艸)感激:・:*:・

この記事へのコメント