柏餅

今日は令和5年5月5日で、5の字が3個きれいに並びましたが、端午の節句「こどもの日」です。
端午の節句は、男の子の健やかな成長を願う年中行事として、
地域によって違いはありますが、端午の節句には兜を飾って、こいのぼりを上げ、
柏餅を食べて祝うのが一般的ですよね。



我が家にも男の子がいますが、もう大きく成長しているので、
兜も飾らず、こいのぼりも上げませんでしたが、柏餅だけは食べました(笑)。

IMG_0675.jpg


柏餅は中にこしあん、つぶあん、みそあんなどを入れた餅を、柏の葉で包んで蒸した和菓子ですよね。


端午の節句は、もともとは中国の五節句の一つでした。
節句は季節の変わり目を表し邪気が寄り付きやすいと言われるため、
季節ごとのお供えをして厄払いをする風習がありました。

端午の節句に兜を飾って、こいのぼりを上げ、
男の子の健やかな成長を願う年中行事となったのは江戸時代になってからで、
柏餅を食べる習慣も江戸時代になってからで、
関東を中心として東日本へと広がっていったそうです。


柏の葉は、秋に枯れた葉が春の新芽が育つまで落ちることがないという特性があり、
このことから、柏餅には「家を継ぐ子孫が生まれるまで親は死なない・家系が絶えない」と、
子孫繁栄の願いが込められるようになりました。

そして、柏の葉は神にささげるお供えものの器として神事に使用されるなど、
縁起の良い植物であったことも柏を使う理由だそうです。



他にも、柏の葉を使うのには、
柏の葉で包んで蒸すことで柏の葉の香りが餅に移り、香りも楽しむことができる。
また蒸すときも食べるときも、柏の葉が巻かれている部分を持つことで、
手に餅がつかずに扱いやすい。
柏の葉にはオイゲノールという芳香成分が含まれていて、
オイゲノールには抗菌作用や抗ウイルス作用、防虫作用があり、柏餅の保存性を高める効果が期待できる。
などの理由があると言われています (。 ・ω・))フムフム

もちろん、江戸時代にはそんな科学的な根拠は解明されていませんでしたが、
おそらく先人の知恵と経験によって、導かれたということなのでしょうね。


ちなみに、関西には柏の木があまり生息していなかったこともあり、
サルトリイバラ(サンキライ)の葉も多く使われているそうです。


もともと古い時代の日本では食べ物を包んだり載せたりする植物を総称して、
”かしわ”と呼んでいたそうです。
「炊葉(かしぎば)」が”かしわ”に変化したとも言われています。

そのため、柏餅の意味は植物の葉っぱでくるんだ餅だとも言えるのだそうです ( ゚д゚)ホゥ


神奈川県生まれ育ちのわたくしには、柏以外の葉で包んだ柏餅なんて、
やっぱりピンと来ないですね。

この記事へのコメント